to U

○バージョン:ひとりむすこの演奏に、僕が勝手にベースなどを後づけして、顰蹙をかったバージョン

○感想
 
 こころが、くたびれてしまったときに、この作品を聴くと、落ち着きます。

 過ぎたことにくよくよせず、「いま」という大切な時を、じっくり噛み締めながら生きていけるのが、よいですね・・・。

 そのように心がけながら生きてきましょう・・・。

 ありがとう。
 
 息子よ・・・。