私は地の果てまで

○原曲:西岡 たかし 五つの赤い風船

○感想 

  何かから逃げ出したいって思うことは、誰しもあるのではないのでしょうか。

  僕も、これまでの人生の中で、いろんなものから逃げてきました。

  で、ふと、そのような状況をふりかえるとき、もし、あのとき逃げ出さなかったなら、今はどうあるのかと思うわけですね・・・。

  また、決して、逃げてはいけない場面もあるわけですから、苦しくても辛くても、踏みとどまることも必要ですね。

  国中のひとたちが、全世界のひとたちが、たとえば、平和の理念と行動とを共有して、

逃げないで、理不尽に立ち向かう・・・、そんなふうであれば、少しずつ、素晴らしい世界を切り拓いていけるのかも知れません。

  僕の大好きな西岡たかしさんのこの曲を、どのように聴くかは別として、西岡さんはきっと逆説的な意味をこの歌に

込められたのではなかろうかと、僕は思っております。