All Rise

○原曲:by Blue

○歌  詞(邦訳による)
 
ああ、判事さん、お願い。 僕の言うことを信じて欲しいんだ。 この前、起きたことについて、これから話すから・・・。 告白しなくちゃいけないね・・・。

 もう、そろそろ限界だから・・・。 僕には君の助けが必要さ。 こんなことは、もう、この辺でや止めにしなければ。
 ※1 ベイビー、僕は、本当のことを言うと誓うよ。 君が、これまでしてたこと、すべてについて・・・。 もし、僕のことを騙せたと思ってるなら、異議は却下されたと教えてあげる。
 さあ、始めるよ、ベイビー・・・。
 ※2 ひとつ、お金のためとタダで楽しむため・・・。 ふたつ、君が否定した、あの嘘のため・・・。 みっつ、君が、かけつづけていた電話のため・・・。 

 よっつ、君が、ごまかしてた日々のため・・・。
 「全員起立!! 全員起立!!」
 君に面とむかって、こう言うつもりさ・・・。 「これで、本件に関する弁論を終わります。」
 君には分かってるはずさ・・・。 君は、証人席で、壁を背にしてる・・・。 もう、どこにも逃げられないし、誰の助けも呼べないよ。 待ちきれないんだ・・・。 

 今や訴訟の真っ只中・・・。 君が、懇願しても、評決を下すのは、陪審員さ。
 ※1(繰り返し)
 ※2(繰り返し)
 

 さあ、後ろに下がって。 君は、この性悪ネコのことを知らないんだから・・・。 心の奥底では、僕も分かってるんだ・・・。 君が、僕に反対して欲しくないってことは・・・。

 しばらく、じっとしているよ。 すべての選択肢を保留にしたままで・・・。 陪審員の評決は、まだ出ていない。 僕の家に来れば、君の荷物は、もうそこにないことが分かるさ・・・。 

 でも、実際、あの荷物は誰のものだったんだろうね・・・。 君は、僕を裁判所に出頭させた。 僕の申し立てを説くために・・・。 それに、君も分かってるはず・・・。

 君が、境界線を越えてしまったことは・・・。
 ひとつ、お金のためとタダで楽しむため・・・。 ふたつ、君が否定した、あの嘘のため・・・。 
 「全員起立!! 全員起立!!」
 みっつ、君が、かけつづけていた電話のため・・・。 よっつ、君が、ごまかしてた日々のため・・・。
 「全員起立!! 全員起立!!」
 「これにて、閉廷・・・。」