今日を越えて

○原曲:岡林 信康 アルバム「見る前に跳べ」からの1曲

○感想

  好むと好まざるとにかかわらず、人間は、世の中で他者とかかわりを保ちながら生きていきます。
  ときには、評価されなかったり、生きるうえでの価値観がまったく異なる人たちとも接していかなければなりません。

  そんなおりに、ともすれば、心のパワーをそがれることも、ままありますよね・・・。
  でも、自分の信じる道を、歩きましょう・・・。
  今日、正しかったことは明日には過去のものとなる。 明日だって、過去になる。
  与えられた、今このときを刻みながら、夢を追い、生き抜いていきたいものですね・・・。


  岡林信康さんは、僕の学生時代には、フォークの神様とも称されておられました。 

   漆黒の長髪と口髭、落ち窪んでいるけれど、鋭く優しいまなざし、黒のシャツにジーパン・・・。 ライヴで観たときには、ほんとうに、しびれましたね。 ちなみに、原曲はかの伝説のロック・バンド、ハッピー・エンドがつとめておられます。