かいがら節

○原曲:原曲は、鳥取県の民謡です。 「浜村節」とも言います。
○編曲者:西岡 たかし
  かつて、「五つの赤い風船」というフォーク・グループを率いていた、大阪の方で、僕は学生時代に憧れておりました。 

和製フォークには、いまや、いろんな系統があるものと思いますが、五つの赤い風船は、どの系列にも位置づけられない、

ほんとうに独立独歩の世界を見せてくださいました。

○感想

   人間って、汗をかき、知恵を出し、働いていく生き物ですよね。 労働には、辛いこともありますが、待ってる妻や子を、

そして、仲間と暮らす暮らしの場を思えば、櫓を漕ぐ手にも力がみなぎりますね・・・。
   そんな、労働する男(女性もいっしょですね)の心の感じられる大好きな曲で、もう、30年以上唄って参りました。

   僕にとって原点とも言える歌です。